プロとアマチュアの違い

ライトノベル書き方を知る前に、プロの小説家とアマチュアの小説家の違いや、プロの小説家の利点がどういうものなのかを知りイメージを高めていきましょう。

プロ作家の報酬

通常プロは小説制作の依頼を出版社から受けて小説を制作し、対価として報酬をもらう形で生計を立てています。ということは、商業用の小説として世の中に出ても問題ない完成度の高い作品が要求されるということです。そして、出版社の保有するレーベルの特色にマッチする作品を出版社側に要求されることもあります。

しかしレーベル側の要求ばかりを気にかけていては自分のしたいことがままならず、モチベーションが下がってしまいます。プロのライトノベル作家になるということは、依頼主の意向を考慮しつつ、自分だけの要素を盛り込み、優れた小説を書くことができる力を持った人なのです。

プロの小説家としての力については同ページで後述していきたいと思います。

先にプロ作家は小説を制作し、対価として報酬を頂くと前述しましたが、ライトノベルなどのエンターテイメント系小説の
作家が貰える報酬がいくらかご存知でしょうか?それは以下の通りになります。

印税支払い

小説の文庫本が一冊刷られるごとに発生する税収入。
税率はおよそ5%~15%で、新人や、売れっ子によって格差があります。

一冊600円の文庫本が、1万部発行された場合、小説を書いた作家に支払われる収入は以下のとおりになります。

10000×600×0.05(各税率)=300000

300,000円

ページ掲載料

ページ単価で、400字詰め原稿用紙1枚あたり数千円になります。

アマチュアの利点

上記のようにプロデビューすれば報酬を得られますが、反面しがらみも増え自分のやりたいことと食い違ってくることもあるでしょう。

その点アマチュアの小説家であれば報酬を得られることはありませんが、誰に縛られることもなく自由に小説が書けます。
最近ではインターネットの発達により、商品でなくても他者に自分の小説を見てもらうことが容易になったこともあって
自分のスキルを磨くにはうってつけの時代と言えるしょう。

自分でホームページを作り小説を掲載するも良し、小説投稿型のSNSを使うのも選択肢のひとつだと思います。

ライトノベル作家に求められる力

昨今のライトノベルの人気により、新人賞には数多くの作家志望者が応募してる状況です。
その中で自分の作品を見つけてもらうには他の志望者にはない何かをライトノベルを通して出版社に伝えるしかありません。
そうなると魅力のあるライトノベルを書くには自分自身の人生経験や、日々の努力によって磨いた他者にはない自分の個性を強化していくことが必要不可欠になってきます。

では実際にどういった能力がライトノベル作家には求められるのか?ということになりますが、例として挙げれば、生産能力もそのひとつです。

努力を積みプロになってもそこがゴールではありません。ライトノベル作家としてデビューすれば、“ライトノベルを書き続け、締め切りまでに確実に作品を仕上げていく力”=生産能力がなければ小説家は務まりません。

そもそも作家の締め切り自体はライトノベルを一冊出版するためのプロセスの一部でしかありません。
もし仮に作家が小説の締め切りに間に合わなかった場合、その小説の制作に関わっている多くの人に負荷が掛かってしまったり、最悪出版社に多額の損害を発生させかねません。

こういったところを鑑みた上で幅広い視点を持ち、読者の求めるライトノベルを作らなければなりません。
新人賞応募の際にはユーザーが好むライトノベルのマーケティング、評価を得やすい投稿のプロセスの構築、他者の意見をうまく取り入れていく柔軟性など様々な能力を磨いていく必要があります。

QLOOKアクセス解析